山陽新聞デジタル|さんデジ

県内2人感染確認、計14人に 赤磐市滞在30代、岡山市20代

新型コロナウイルスに感染した患者について説明する大森市長
新型コロナウイルスに感染した患者について説明する大森市長
 岡山県は8日、東京都在住で赤磐市の親族宅を訪れていた自営業の30代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。岡山市も同日、同市南区に住む会社員の20代男性が感染したと発表。30代男性は県外で感染したとみられ、20代男性は感染経路が不明という。県内での感染者は計14人となった。

 県によると、30代男性は音楽関係の仕事を営んでおり、3月24、25日に東京都内のライブハウスなどで働き、27日~4月1日には福岡県内に滞在。2日に車で赤磐市に移動し、同日以降は親族宅で過ごしていた。3月28日にのどの痛みを訴え、4月7日にPCR検査で陽性と判明。現在は岡山県内で入院しており、重症ではないとしている。

 親族宅は家人が不在で、男性は受診時などを除いて1人で家にいたと説明している。県はさらに詳しく行動歴を調べ、接触者の把握を進める。

 一方、岡山市によると、20代男性は2日に発熱し、市内の診療所を受診。6日に市内の別の病院で味覚・嗅覚異常を訴え、7日の検査で陽性が分かった。軽症という。3月下旬に広島県中部から転入してきたが、感染多発地域への往来はなく、感染者との接触なども確認できてない。

 市は引っ越しを手伝った岡山県外在住の母が濃厚接触者に当たるとして居住地の保健所に検査を依頼。男性は発症後は会社を休み、他に接触者はいないという。

【新型コロナウイルス 岡山のニュースまとめ】

(2020年04月08日 19時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ