山陽新聞デジタル|さんデジ

奈義町、全町民に5千円給付へ 新型コロナ対策、地域通貨で

 岡山県奈義町は8日までに、新型コロナウイルス感染拡大に伴う町独自の緊急地域経済活性化対策として、町民約5850人に1人5千円を給付する方針を決めた。関係予算3千万円を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を10日の町議会臨時会に提案する。

 町内での消費に確実につなげるため、町が18年度に全町民に発行したICカード「ナギフトカード」に5千円を付与する。地域通貨として、町内のスーパーや飲食店、商店、理髪店、美容院、自動車販売店などカード加盟店63店舗で使用できる。有効期間は7月31日まで。

 可決されれば、町は20日ごろから使用できるよう準備を進める。併せて、新たな加盟店の登録も募る考え。

 町は「新型コロナで冷え込んでいる地域経済対策の第1弾と位置付けている。今後も状況に応じ、手だてを考えていく」としている。

(2020年04月08日 19時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ