山陽新聞デジタル|さんデジ

京産大に脅迫電話やメール相次ぐ 新型コロナ、警察へ被害届を検討

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した京都産業大に対し、「大学に火を付ける」「殺す」などと危害を加えることを示唆する電話やメールが相次いでいることが7日、大学への取材で分かった。

 大学によると、3月30日から4月4日までに、多数の電話やメールが寄せられた。脅迫的な内容も複数あり、ほかに「(感染した)学生の住所を教えろ」という内容もあった。警察への被害届提出など、対応を検討している。

 学生や教職員が、差別的な言動を受けるケースも頻発しているという。

(2020年04月07日 19時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ