山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 広島市で3人感染確認 広島県内計19人に

 広島市は7日、市内在住の40代男性会社員、30代女性会社員、年齢・性別など非公表の1人の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性と非公表の1人は感染者が多い地域との関連があるが、女性には渡航歴などもなく、市中感染が疑われるという。広島県内での感染確認は計19人となった。

 男性は3月30日に福岡市から単身で転居。非公表の1人は同月下旬に政府の緊急事態宣言の対象地域への往来があった。女性は家族2人と同居している。いずれも指定医療機関に入院し、症状は安定しているという。

 市は濃厚接触者などを調べている。男性が31日に利用した中区役所で応対した職員1人はPCR検査で陰性だった。

【新型コロナウイルス エリアの最新ニュースまとめ】

(2020年04月07日 21時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ