山陽新聞デジタル|さんデジ

2020本屋大賞に凪良ゆうさん 「流浪の月」無観客で発表

 凪良ゆうさん
 凪良ゆうさん
 全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「2020年本屋大賞」の受賞作が7日発表され、大賞には凪良ゆうさん(47)の「流浪の月」(東京創元社)が選ばれた。

 新型コロナウイルス感染防止のため、無観客で事前収録された発表会の動画がインターネット配信され、「読者と接する書店員さんに支持いただきうれしい。家で過ごす人も多いと思うけれど、そういう時は本を読んでほしい」との凪良さんのコメントも紹介された。

 受賞作は、世間を騒がせた事件の被害者、加害者として引き離された少女と青年が、15年後に再会、周囲に理解されない特別な関係を築く物語。

(2020年04月07日 15時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ