山陽新聞デジタル|さんデジ

「余裕急速になくなっている」 知事危機感、緊急事態宣言に言及

定例会見で新型コロナウイルスの感染拡大防止への対応について話す伊原木知事
定例会見で新型コロナウイルスの感染拡大防止への対応について話す伊原木知事
 岡山県の伊原木隆太知事は7日の定例会見で、新型コロナウイルス対策で同日発令される見通しの緊急事態宣言に触れ「岡山県も宣言が必要な地域から状況的にそう遠くにいるわけではない」と危機感を強調。東京など宣言対象地域との往来を避けるよう県民に求める考えを示した。

 伊原木知事は、7日午前までに12人の感染が判明している県内の状況について「余裕は急速になくなっている」と指摘。多くが海外や他県での感染とみられることを踏まえ「ウイルスの持ち込みを防ぐことが岡山の数カ月後を左右する。長距離の移動はぜひ避けてほしい」と述べた。

 また、宣言の対象地域となる首都圏や大阪、兵庫、福岡など7都府県から、岡山など感染者の少ない地域に避難する人が出ることを懸念。「(宣言の目的である)まん延防止と真逆の行為だ。やめてほしい」と訴え、さまざまな場面で自粛を求めるとした。

【新型コロナウイルス 岡山のニュースまとめ】

(2020年04月07日 12時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ