山陽新聞デジタル|さんデジ

登校見合わせ 欠席扱いにせず 新型コロナで県教委、岡山市教委

 岡山県教委は6日、7日から順次再開する県立学校について、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念などから児童生徒が登校を見合わせた場合は欠席扱いにしない方針を決めた。

 保護者からの申し出に基づき、各校の校長が登校を取りやめることが必要と判断した場合に限る。感染者が続発している岡山市内の中高と県内全ての特別支援学校については、12日まで半日授業や1こまの時間を短くした短縮授業を各校の判断で行うよう通知。県教委は「保護者の不安も大きいと思う。今後も感染状況を確認しつつ適切な対応を考えたい」としている。

 岡山市教委も市立の小中高校について、同様に欠席扱いにしない方針を決定。学校に連絡することが条件で、期間は当分の間とする。

【新型コロナウイルス 岡山のニュースまとめ】

(2020年04月06日 22時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ