山陽新聞デジタル|さんデジ

親族が感染 玉野競輪出場選手陰性 他選手の自宅待機解除

 玉野市は6日、親族の新型コロナウイルス感染が確認され濃厚接触者となっていた玉野競輪の出場選手について、PCR検査の結果、陰性だったと発表した。

 選手は九州地区の男性で、1日に玉野競輪入り。同日夜、親族に陽性反応が出たことが判明し、2~4日に開催予定だった山陽新聞社杯レースは中止となった。出場を予定していた計94選手は自宅待機となっていたが、男性の陰性が5日に判明したのを受けて解除された。

 8~10日に玉野競輪場で開かれるミッドナイト競輪は実施される予定。

(2020年04月06日 20時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ