山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内の相談窓口 新型コロナウイルス

岡山県内の相談窓口 新型コロナウイルス


 ◆新型コロナウイルス感染症について
https://www.pref.okayama.jp/page/645925.html

 ◆中小企業・小規模事業者向け相談 経営、資金繰りなどについて、県中小企業支援センター(086―286―9626)が平日午前8時半~午後5時15分に応じるほか、県内の商工団体などでも受け付けている。主な相談先は県のホームページ「新型コロナウイルスの影響を受けている中小企業者への支援について」(https://www.pref.okayama.jp/page/650002.html)を参照。

 ◆中国財務局金融相談ダイヤル 平日午前9時~正午と午後1時~5時、専用電話(0120―990―028)で金融機関との取引などの相談を受ける。

 ◆岡山弁護士会の事業者向け相談窓口 平日午前10時~午後4時(正午~午後1時を除く)にひまわりほっとダイヤル(0570―001―240)で面談と電話での相談予約を受け付ける。

 ◆岡山労働局の相談窓口 平日午前9時半~午後5時に電話(086―225―2017)と来所で応じる。

 ◆おかやま若者就職支援センター 平日午前9時~午後6時、土曜午前9時~午後4時、電話(086―236―1515)とメール(kinkyu@y―workokayama.jp)、来所で相談を受け付ける。

 ◆収入減少世帯への特例貸し付け 「生活福祉資金貸付制度」の対象を拡大し、休業や失業で収入が減少した人向けに最大20万円を無利子で融資する制度。居住する市町村の社会福祉協議会で受け付ける。問い合わせは県社会福祉協議会(086―226―3544)。

 ◆県社会福祉士会の電話相談 毎月第2、4土曜の午後1時~3時、生活上の不安や悩みなどの相談を専用電話(090―7137―5716)で受け付ける。

 ◆消費生活に関する相談 新型コロナに便乗した悪質商法や消費トラブルなどの相談を消費者ホットライン(局番なし188)、県消費生活センター(086―226―0999)で受け付ける。

 ◆LINE公式アカウント「岡山県―新型コロナ対策パーソナルサポート」 県内の感染動向のほか、発熱など自分の症状を入力すると新型コロナウイルス受診相談センターへの連絡の必要性などが分かる。医師への無料相談も可能。公式アカウントから「友だち」追加するか、県のホームページにあるQRコードで登録できる。

(2020年09月07日 09時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ