山陽新聞デジタル|さんデジ

DeNA石田、体力強化に比重 開幕再延期に「登板意識しない」

 調整するDeNA・石田=横浜スタジアム(球団提供)
 調整するDeNA・石田=横浜スタジアム(球団提供)
 DeNAの石田健大投手が5日、横浜スタジアムで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため報道陣に非公開でウエートトレーニングなどをこなした。公式戦開幕の再延期を受け、投球の土台となる体の強化に練習の比重を移した。球団広報を通じて「登板日を意識しないでいいので。心肺系、下半身を追い込みたい」とコメントした。

 昨季は先発と救援でフル回転し、今季は先発に専念して開幕ローテーションの一角として期待される。外出自粛中の時間の過ごし方については、動画で投球フォームをチェックすることに加え「携帯アプリを利用して英語の勉強を始めた」と明かした。

(2020年04月05日 18時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ