山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、県内感染者10人に 岡山市の50代男性 市中感染か

岡山県内10人目の感染者について説明する大森岡山市長(左)=4日午後9時12分
岡山県内10人目の感染者について説明する大森岡山市長(左)=4日午後9時12分
岡山市役所
岡山市役所
 岡山市は4日、同市南区に住む会社員の50代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性には渡航歴や感染者の多い地域への訪問歴がなく、市は「感染経路が不明で市中感染の可能性が否定できない」としている。岡山県内での感染確認は10人目、同市内では5人目となった。

 市によると、男性は3月31日に38度台の発熱があり4月1、3日に医療機関を受診。軽い肺炎や嗅覚障害があったため、4日にPCR検査し陽性となった。現在、軽い発熱はあるが軽症という。5日にも入院する。

 市は発熱前2週間の詳細な行動歴を聞き取ったが、自宅と職場以外はスーパーに立ち寄る程度で、市外への移動、感染者や濃厚接触者との接触もないという。現時点で判明している男性の濃厚接触者は、同居する80代の父母と50代の弟の家族3人で、5日にPCR検査を実施する予定。

 記者会見で大森雅夫市長は7日から予定している学校再開について「今回のケースをよく分析して総合的に判断したい」と述べた。「経路不明なだけにもう一度よく調べたい」と5日に男性を再検査するとした。

【新型コロナウイルス 岡山の最新ニュースはこちら】

(2020年04月04日 23時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ