山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、広島県14人目確認 東京の20代、広島市に帰省中

 広島市は4日、東京都の20代フリーアルバイターの新型コロナウイルス感染が市内で確認されたと発表した。市内の指定医療機関に入院しており、熱などはなく症状は安定している。広島県内での感染確認は14人目。

 市によると、フリーアルバイターは1日に広島市の実家に帰省して発熱。2日に市内の診療機関を受診した後、詳しい検査を希望して別の医療機関で検体を採取、3日に陽性と判明した。

 本人の同意が得られず、性別は非公表。発症前14日以内に海外渡航歴はなく、市は「東京で感染した可能性が高い」としている。

 現時点での濃厚接触者は実家の家族3人で、市が今後検査を行う。

(2020年04月04日 18時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ