山陽新聞デジタル|さんデジ

トラベルシリウス 宿泊客減で破綻 新型コロナ感染拡大影響、県内初

 帝国データバンク岡山支店によると、真庭市の湯原温泉などで宿泊施設を展開するトラベルシリウス(同市湯原温泉、池田博昭社長、資本金1千万円)は2日までに、岡山地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令と監督命令を受けた。負債総額は約5億6千万円。新型コロナウイルスの感染症拡大による宿泊客の減少などで自主再建を断念した。感染症の影響で経営破綻した会社は岡山県内で初めてという。

 トラベルシリウスは1978年創業、89年設立。同温泉街の「米屋」「菊之湯」など岡山県と鳥取県内に旅館やホテル計6カ所を経営するほか、真庭市の指定管理者として市有宿泊施設「ホテル蒜山ヒルズ」(同市蒜山富山根)を運営。2015年8月期には最大13施設を手掛け、8億7千万円を売り上げた。

 18年7月に発生した西日本豪雨では宿泊者が減少し、19年8月期の売上高は6億円を下回るまでに低迷。不採算施設からの運営撤退などで経営効率化を進めたが、感染症拡大に伴う客数減で急速に資金繰りが悪化した。同法の適用申請は1日付。今後、スポンサーを募るかどうかは未定。米屋と菊之湯の運営に専念して再建を目指すという。

(2020年04月02日 21時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ