文字

おでかけ

「夏まつり西大寺」11日開幕 茅の輪くぐりなど5つの行事開催

夏まつり西大寺をPRするちらし

 岡山市東区西大寺地区恒例の「夏まつり西大寺2018」(岡山商工会議所西大寺支所などでつくる実行委員会主催)が11日に開幕する。豪雨災害に配慮して一部のイベントは見合わせも検討したが、予定通り茅(ち)の輪くぐりや灯籠流しなど伝統行事を中心に8月18日まで五つの祭りを繰り広げる。

 幕開けは、11日午前10時から安仁神社(同西大寺一宮)で開かれる「安仁神社まつり」。境内に設けられた直径約2メートルの茅の輪をくぐり、無病息災や家内安全を願う。

 27日午後7時からは亀石宮(かめいわぐう)(同水門町)で「亀石まつり」が開かれる。市無形民俗文化財の「シャギリ船行事」は、ちょうちんをともした2隻の船に子どもたちが乗り込み、笛や太鼓を演奏しながら同宮前の水門湾を巡航する。

 今回から新たに加わった窪八幡宮(同久保)の夏祭りは、8月1日午後7時にスタート。備中神楽や茅の輪くぐりのほか、自分の代わりに災いを受けてくれるとされる人形の紙を焼く神事もある。同18日午後6時からは西大寺観音院(同西大寺中)で「水まつり」があり、近くの鴨越用水(通称・西川)で灯籠流しをするほか、土曜夜市も開かれる。

 7月21日午後5時から、同観音院を主会場に約千発の打ち上げ花火や土曜夜市などを展開するメインイベントの「夜待(よまち)まつり」は一時、豪雨による被害を踏まえて実施するかどうかを検討したが、「自粛するより、こうしたときこそ元気づけたい」と予定通り行うことを決めた。

 実行委は「会陽のある冬だけでなく、夏の西大寺の魅力も知ってほしい」としている。問い合わせは同支所(086―942―0101)。

 夏まつり西大寺は1990年に始まり、29回目。

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.