文字

おでかけ

27日は倉敷で日本画制作挑戦を 市立美術館でワークショップ

 現代日本画の秀作をそろえ、倉敷市立美術館(同市中央)で27日開幕する「第73回春の院展」倉敷展(倉敷市、同市教育委員会、同市文化振興財団、日本美術院、山陽新聞社主催)に合わせ、日本画制作を体験できるワークショップが7月1日午後2時から、同美術館で開かれる。

 講師は、今回初入選した桑原加奈さん(倉敷芸術科学大卒、尾道市立大大学院修士課程修了)。豆色紙に鉛筆で絵を描き、日本画用の岩絵の具で仕上げる。定員30人。一般1000円、大学生以下500円(同展招待券付き)。

 参加希望者は、氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスと日本画制作経験の有無を明記し、倉敷市文化振興財団「桑原さんのワークショップ」係にファクス(086―434―6088)か、メール(info@arsk.jp)で申し込む。

 問い合わせは同財団(086―434―0505、平日のみ)。

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.