文字

まちナビ!

芸術の秋を屋外で満喫しよう 岡山、瀬戸内で音楽、アート催し

迫力ある演奏で開幕した昨年の「おかやま国際音楽祭」

 日差しも和らぎ、まち歩きが気持ちいい季節です。今週末の岡山県内は好天に恵まれる予報で、岡山市中心部では「おかやま国際音楽祭」が開幕。街角で繰り広げられる、無料で楽しめる催しを紹介しましょう。港町の風情漂う瀬戸内市牛窓地区では、散策しながら作家と交流できる「牛窓しおまちアート」が29日、始まりました。芸術の秋を野外で楽しんでみませんか。

 音楽祭のオープニングは30日午後1時、JR岡山駅東口広場で開かれる野外コンサート。岡山市との姉妹都市縁組が今年60周年を迎えた米国・サンノゼ市のフルート奏者や歌手のSinonさん、和楽器を演奏する若手デュオ「古伝」、操山高吹奏楽部が登場します(各グループ約30分)。午後6時半からは「ジャズナイト」が中国銀行本店(岡山市北区丸の内)前の特設ステージでスタート。飲食ブースも並びます。

 10月1日は正午から、同東口広場でウエルカムコンサート。ゴスペル、ジャズ、マンドリン、吹奏楽など公募の市民ら13団体が出演。西川緑道公園野殿橋(同平和町)付近で開かれる「水と緑の音楽会」は午後2時から。シンガーソングライターのLugz&Jeraさん=高梁市出身、ダンスチーム、合唱団など5団体が舞台を盛り上げます。

 音楽祭は15日までで、詳しくはこちらを参考にしてください。

 海風に当たりながら、まちをぶらぶらするものいいですね。「牛窓しおまちアート」の会場は、牛窓しおまち唐琴通り(瀬戸内市牛窓町牛窓)一帯。古民家や道沿いなどで県内の作家35人がステンドグラス、写真、チョークアート、竹製品といったオリジナル作品を展示販売します。作家は常駐しているので、作品について意見交換もできます。一角ではご当地グルメ「うしまど魚ギョッとサンド」「水夫のじゃぶじゃぶ」を販売するテントも。30日午前11時、午後1時、1日午前11時はピアノや歌のミニコンサートが開かれ、音楽とアートの融合が楽しめますよ。

 会期は1日までで、30日は午前9時~午後4時(1日は午後3時)。

【まちナビ!】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.