文字

岡山発映画ニュース

岡山ロケ「ういらぶ。」9日公開 ヒロインに桜井日奈子さん

映画「ういらぶ。」の一場面。ヒロイン役の桜井日奈子さん(中央)((c)2018「ういらぶ。」製作委員会 (c)星森ゆきも/小学館)

 全編を岡山県内で撮影した映画「ういらぶ。」(佐藤祐市監督)が9日、全国公開される。ヒロインは岡山市出身の女優・桜井日奈子さん。主演するアイドルグループ「King&Prince」の平野紫耀さんをはじめフレッシュな俳優たちによる恋と友情の“胸キュン”ストーリーが、岡山の風景の中で繰り広げられる。

 原作は同名の少女漫画で、同じマンションに住む幼なじみ4人組の物語。互いに思いを寄せるも気持ちを伝えられない主人公・凛(平野さん)と優羽(桜井さん)を、暦(玉城ティナさん)と蛍太(磯村勇斗さん)が見守る。ある日、凛の恋のライバル・和真(伊藤健太郎さん)が現れたことで、4人の友情が思わぬ方向に動き始める―。

 桜井さんの出身地で「都会過ぎず、田舎過ぎない地方都市」という物語の世界観に合致したことから岡山ロケが決定。撮影は昨年10月から約1カ月、岡山、高梁市、吉備中央町で行われた。

 なだらかな山々に囲まれた同町では、吉備高原学園高(同町上野)で4人が通う学校のシーンを撮影。国立吉備青少年自然の家(同町吉川)では、主要キャストが勢ぞろいしてバーベキューを楽しむ場面を撮った。桜井さんは「紅葉がきれいで、夜には星空をみんなで見上げた。豊かな自然に癒やされました」と振り返る。

 おなじみの岡山市中心部を走る路面電車、高梁市が所有するボンネットバスも登場。初々しいラブストーリーに岡山の風景が彩りを添える。

 桜井さんは「気持ちを伝えることができない凛と優羽の“こじらせっぷり”が見どころ。岡山の皆さんになじみある場所がたくさん映っていると思うので、そこにも注目して楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 「ういらぶ。」はイオンシネマ岡山、TOHOシネマズ岡南などで公開予定。

【岡山発映画ニュース】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.