文字

岡山発映画ニュース

詩人永瀬さんの映画が10月公開 赤磐の映像作家・中村さん監督

映画「きよこのくら」の一場面

中村智道さん

 赤磐市出身の詩人永瀬清子さん(1906~95年)を題材にした映画「きよこのくら」が10月7日、県立美術館(岡山市北区天神町)で初公開される。気鋭の映像作家中村智道さん(45)=赤磐市=が監督を務め、今春生家に残る蔵を解体した様子を記録するとともに、インタビューやアニメーションを織り交ぜ、永瀬さんの詩の世界や生き方に触れられる作品に仕上げた。

 老朽化した蔵の解体を決めた「NPO法人永瀬清子生家保存会」(横田都志子理事長)から映像化を依頼された中村さんは、蔵に残された永瀬さんの眼鏡や農機具などを見て「生活の息づかいを感じた。蔵に永瀬さんの記憶を投影するイメージで作った」と言う。

 35分間の作品は、崩れゆく蔵の映像や永瀬さんの人柄に触れた人々の談話、詩の世界をイメージしたアニメなどを組み合わせた。中村さんが詩集を読み込み、永瀬さんの生涯を描く上で重要だと感じた4編をクローズアップ。農業への覚悟を詠んだ「苗」、ライフワークだったハンセン病患者との交流から生まれた「癩(らい)について」などを、シンガー・ソングライター二階堂和美さんの朗読でちりばめている。

 12月3日には赤磐市松木、くまやまふれあいセンターでも上映会を開催。いずれも午後3時からで、入場料千円。来年以降、全国で順次公開予定。横田理事長(51)は「映画を通して、多くの人に永瀬清子の魅力を知ってもらいたい」と話している。

【岡山発映画ニュース】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.