文字

岡山発映画ニュース

漫画「ハルカの陶」映画化へ協力 備前市議会で市長、関係団体と協議

 6月定例備前市議会は16日、一般質問を続行。田原隆雄市長は、備前焼をテーマにした漫画「ハルカの陶(すえ)」の映画化計画が進んでいることを紹介し、ロケへの協力などについて制作会社や地元関係団体と協議に入っていることを明かした。

 立川茂氏が、備前焼を含めた市のPRについてただした。市長は映画化計画を明かした上で、「具体的協議を進めたい。シナリオに市の魅力を盛り込めれば、市民に誇りと自信を持ってもらえ、市外へのPRにもなる」と述べた。

 市シティセールス推進課によると、ハルカの陶(全3巻)は主人公・小山はるかが会社を辞めて備前焼作家を目指すストーリー。香川県の映画制作会社から5月下旬に依頼があり、市はロケをはじめとする具体的な協力内容に関して、県備前焼陶友会や備前商工会議所などの関係団体を交えて協議している。

 また、立川氏は教育委員の増員を求めた。杉浦俊太郎教育長は「小中一貫教育を推進していく中で、地域の人に議論に参加してもらう意味でも増員はあり得る選択肢」と答弁。任命権を持つ市長も「検討したい」とした。

 市企画課によると、市の教育委員会は、地方教育行政法で教育長と4人の委員で組織すると規定。現在は定員を満たした状態にあるが、独自に条例を定めれば、委員を5人以上にすることができるという。

 森本洋子氏も登壇した。一般質問はこの日で終了。19日から常任委員会審議に入る。

【岡山発映画ニュース】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.