こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

グルメニュース

倉敷で優雅にアフタヌーンティー 15日から22店が自慢の味用意

2018/01/14 12時08分 更新


「くらしき桃子倉敷本店」のメニュー(2人分)


「mug」のメニュー(1人分)


「The華紋」のメニュー(2人分)

 紅茶やスイーツを楽しむ英国の習慣にちなんだ飲食イベント「倉敷アフタヌーンティー」が15日から、倉敷市内で始まる。岡山県産イチゴと温かいメニュー。この二つを共通テーマに、過去最多の22店が自慢の味を用意。写真映えも間違いなしのセットを家族や友人、カップルなどで優雅に楽しんでみては―。

 倉敷市美観地区の古民家を改装したレストラン「The華紋」(同市本町)は地野菜にこだわったメニュー。若鶏のポトフ、サラダ、ポタージュに、フルーツ盛り合わせやティラミスパンケーキ、チーズとハムのサンドイッチなどがそろう(2300円、要予約)。

 やはり古民家のカフェ「くらしき桃子倉敷本店」(同)は全メニューにイチゴを使用。フルーツティー、テリーヌ、ポタージュ、デニッシュに加えて、パフェ、大福、チョコフォンデュ…と目にも鮮やかだ(2916円、要予約)。

 カフェ「mug(マグ)」(同市玉島爪崎)は、連島れんこん、連島ごぼうなどを自家製マヨネーズであえたサンドイッチをはじめ、スープ、イチゴクレープ、イチゴジュースやホットみかんジュースが選べるフレッシュドリンクとボリューム満点(2500円、要予約)。

 会期は3月15日まで。公式ツイッターかインスタグラムで写真を投稿すると参加店の食事券などが当たるフォトコンテスト、抽選で地元特産品が当たるアンケートと、食べた後のお楽しみもある。

 倉敷アフタヌーンティーは倉敷市、市内3商工会議所、倉敷観光コンベンションビューローなどでつくる市観光客誘致協議会が2015年夏に初開催。好評を受けて昨年から冬バージョンも始めた。参加店やメニューなどの情報は、同市内の観光案内所などにあるパンフレットや倉敷アフタヌーンティーのホームページで紹介している。問い合わせは同ビューロー(086―421―0224)。

他の参加店

 【美観地区エリア】cafe bar&zakka ANTICA(阿知)CONO foresta(同)林源十郎商店生活デザインミュージアムカフェ(同)キャンドル卓・渡邉邸(中央)倉敷国際ホテルCafe Lounge The Gin(同)くらしき桃子倉敷中央店(同)coffee&more Scarecrow(南町)kobacoffee(本町)廣榮堂倉敷雄鶏店(同)倉敷アイビースクエア・レストラン蔦(同)いがらしゆみこ美術館CafePrincess(同)夢空間はしまや(東町)【倉敷エリア】72cafe(新田)中国料理娘娘(中島)caf〓 dining Ospitare(中庄)【玉島エリア】空と花の丘菜園カフェ・ぱんご~の(玉島道口)庭園旅館備後屋(玉島阿賀崎)【児島エリア】倉敷シーサイドホテル(児島塩生)倉敷せとうち児島ホテルTHE SURF&TURF(下津井吹上)

〓はアキュートアクセント付きE小文字

PAGE TOP