こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

まちナビ!

まきちゃんぐさんデビュー10周年 30日にルネスホールで単独公演

2018/06/15 09時51分 更新


「これからも歌い続けたいと気持ちを伝える場にしたい」と意気込みを語るまきちゃんぐさん

 デビュー10周年を迎えた総社市出身のシンガー・ソングライターまきちゃんぐさん(30)が30日、岡山市北区内山下のルネスホールで記念のワンマンコンサートを開きます。これまでの10年間の活動を歌やトークで振り返る内容で、「これから20年、30年先も歌うという気持ちを伝える場にしたい」と意気込みを語りました。

 切ないメロディーと伸びやかで表現力豊かな歌声が人気を集め、2008年1月にシングル「ハニー」でメジャーデビュー。10年に岡山県内で開かれた国民文化祭のイメージソング「愛の雫」をはじめ、映画やドラマの主題歌などを担当しました。「高梁音楽祭」や旧内山下小学校(岡山市)で開かれている「マチノブンカサイ」など県内のイベントにも登場する機会を増やしています。

 「お客さんや周りで支えてくれた人がいての10年。支えがなかったら途中で心が折れていたかも」と話すまきちゃんぐさん。13年からは活動の場をインディーズに移し、セルフプロデュースでの楽曲制作にも挑戦しました。「人とのつながりが深くなった。いろいろなアーティストの音楽にも触れる機会が増え、自分の音楽の幅が広がった」と振り返ります。

 コンサートでは、まきちゃんぐさんが奏でるピアノに加え、バイオリン、ビオラ、チェロ奏者4人を迎えます。まきちゃんぐさんは「おしゃれで豪華なコンサートになると思う。チャレンジを繰り返した昔と今の私らしい歌を披露したい」と語ります。今後のことを聞くと「新曲がたくさんできているので、早いうちに形にしたい。みなさんの耳に入ることが増えるよう頑張ります」。優しい笑顔で答えてくれました。

 コンサートは午後5時開場、6時開演。チケットは前売り5千円、当日5500円(いずれもドリンク代600円が別途必要)。チケットぴあやイープラスなどで取り扱っています。詳しくは、ホームページ(http://makichang.info/schedule/)。

PAGE TOP