こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

被災地の光景―善意で回る洗濯機 真備の電器店が無料開放

2018/09/24 21時44分 更新


善意で回る洗濯機

 浸水被害を受けた倉敷市真備町地区にある電器店「住まいるネット真備店」(同町川辺)は、店先で洗濯機2台を24時間、無料開放している。7月下旬に始めたところ、口コミで広がり、片付けなどで汚れた服を持ち込む住民の姿が目立つ。洗濯機は同じ系列の全国の店舗から10台以上寄せられ、残りは避難所に貸し出した。「仲間の善意を地域に還元したい」。店主の水川敏幸さん(60)も被災者だ。全壊した店舗は10月の再開を目指し復旧工事中で、完成すれば洗濯を待つ間の休憩所として気軽に寄ってもらいたいという。

【西日本豪雨】の最新記事

PAGE TOP