こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

建築家・安藤忠雄さん21日講演 「直島の30年」テーマに語る

2018/07/19 17時58分 更新

 世界的な建築家、安藤忠雄さん(76)の講演会が21日午後3時から、香川県直島町の直島ホールで開かれる。「直島の30年、これからの10年」をテーマに、直島の建築群に込めた哲学を語る。

 コンクリートによる斬新な建築で知られる安藤さんは、1989年にオープンした直島国際キャンプ場の監修以来、直島に関わり、ベネッセハウス、地中美術館、李禹煥(リウファン)美術館といった建築の設計、広場「桜の迷宮」(2016年)のデザインなどを手掛けてきた。14年には4人目の名誉町民にも選ばれている。

 来年4回目を迎える瀬戸内国際芸術祭に向け、安藤さんにこれまでの島での活動から将来展望までを語ってもらおうと、同芸術祭実行委員会と町、町教委、ベネッセアートサイト直島が主催する。

 入場無料。講演の前後にサイン会もある。問い合わせは町観光協会(087―892―2299)。
カテゴリ

【文化】の最新記事

PAGE TOP