こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

津山で明誠学院高生がコンサート 吹奏楽部員と地元中学生の協演も

2018/07/12 19時49分 更新


地元中学生と協演して「テキーラ」を演奏する明誠学院高吹奏楽部

 明誠学院高(岡山市北区)吹奏楽部による「グッドウィルコンサートin津山」が8日、ベルフォーレ津山(津山市新魚町)であり、部員94人が息の合った演奏で聴衆約600人を魅了した。

 1部は2018年度「全日本吹奏楽コンクール」の課題曲のコンサート・マーチ「虹色の未来へ」の力強いサウンドで幕開け。コンクール自由曲の幻想交響曲より第5楽章「サバトの夜の夢」と、喜歌劇「こうもり」セレクションも奏でた。

 2部は、アニメ映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲や挿入歌などポップなステージを展開。アンコールは、市内5中学校の生徒66人と協演し、吹奏楽定番の楽曲「テキーラ」を届けた。フルートで加わった津山東中3年男子(14)は「迫力ある演奏の数々に鳥肌が立った。一緒に舞台に立てたのは夢のよう」と話した。

 同コンサートは、部員に県北出身者が多いことから01年から毎年開き、18回目。

【地域の話題】の最新記事

PAGE TOP