こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

赤テントでお笑いコンビ曲芸挑戦 木下大サーカスをネット番組に

2018/06/29 16時19分 更新


古典芸の「坂綱」に挑戦するハンティングの松本さん。左から3人目がゆうさん

 岡山市を拠点に活動するお笑いコンビ「ハンティング」が、同市で開かれている木下大サーカス岡山公演(山陽新聞社主催)を取り上げたインターネット用の番組を作っている。団員へのインタビューやコンビが曲芸に挑む様子などを盛り込み、7月15日に動画投稿サイト・ユーチューブに配信する予定。

 コンビは、ともに同市に住む男性のゆうさん(34)と松本さん(29)が2016年秋に結成。17年1月から月1回、街歩きやグルメなどをテーマにした番組「まるごと全部ハンティング」をユーチューブに投稿している。7月の題材は、2人が子どもの頃何度も見たという木下大サーカスを選んだ。

 19日に会場を2人で訪れ番組を収録。ショーの光景を実況で伝え、出演直後の団員を直撃して見どころなどを聞いた。自分たちも、傾斜のついた綱をバランスを取りながら上る古典芸「坂綱」に挑戦。空中ブランコのジャンプ台(地上13メートル)に立って怖さを体感したり、ショーに出るホワイトライオンにテント裏で馬肉をあげたりする場面も収めた。

 番組は30分程度にまとめる。「団員が何食わぬ顔でやっている芸が、とても難しいことが分かった。すごさを映像で伝えたい」とゆうさん。松本さんは「舞台裏を知ることでさらにショーが面白くなる。番組を見て会場に足を運んでほしい」と話している。

【木下大サーカス'18】の最新記事

PAGE TOP