こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

竹喬の落款と印章さぐる特別陳列 笠岡の美術館で15日開幕

2018/06/14 09時03分 更新

 笠岡市六番町の竹喬美術館で15日、特別陳列「竹喬 落款(サイン)と印章をさぐる」が開幕する。7月22日まで。

 同市出身の日本画家・小野竹喬(1889~1979年)がかつて使用していた雅号「竹橋」の落款が記された作品や、「竹」の字が「升」の字のような形で書かれたものなど56点を展示。印章の実物64点もあり、竹喬が生涯で130種類以上使ったサインの変遷をたどることができる。

 一般500円。高校生以下、65歳以上は無料。月曜(祝日の場合は翌日)休館。問い合わせは同美術館(0865―63―3967)。

【文化】の最新記事

PAGE TOP