こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

過疎自治体が注目「小水力発電」 課題は初期投資の低コスト化

2017/12/04 19時15分 更新

 過疎自治体が電力の自給自足を目指し、再生可能エネルギーの小水力発電所(発電出力1000kW=キロワット=以下)を建設する動きが注目されている。小水力は太陽光に比べ、昼夜を問わずに発電が可能なうえ、電 ...


この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。
カテゴリ

【おかやまインサイド】の最新記事

PAGE TOP