こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

B'z津山凱旋ライブ盛り上げよう 市役所などで楽曲を庁内放送

2017/06/02 09時30分 更新


B'zの曲に耳を傾ける市職員や来庁者ら

 津山市出身の稲葉浩志さんがボーカルを務める人気ロックバンド「B'z」の凱旋(がいせん)ライブ(7月22日、津山文化センター)を盛り上げようと、市役所などで1日、B'zの楽曲の庁内放送が始まった。

 初日は、ファンの間で津山での思い出が込められているといわれている「Easy Come, Easy Go!」を放送。午後0時15分、「B'zや関係者、ファンの皆さんを『おもてなし』の心で歓迎しましょう」とナレーションがあった後、本庁舎をはじめ、すこやかこどもセンター、東庁舎で流れた。

 本庁舎1階ロビーに居合わせた職員や来庁者は稲葉さんの“美声”を堪能。勝間田町の自営業女性(56)は「帰ろうとした時に曲が流れてきたので思わず足を止めて聞き入った。市民一体となって盛り上がりたい」と話した。

 放送は平日の午後0時15分から5分間で、ライブ前日の7月21日まで、同じく津山での思い出をつづったとされる「恋心 ~KOI―GOKORO~」と2週間交代で流す予定。

【政治行政】の最新記事

PAGE TOP