こんにちは ゲスト さま

閉じる

メニューを閉じる

岡山理科大に教育学部開設 新校舎も完成、300人が祝う

2016/05/26 22時43分 更新


岡山理科大の教育学部開設と新校舎の完成を記念した祝賀会

 岡山理科大(岡山市北区理大町)の教育学部開設と、同学部などが入居する新校舎の完成を記念した祝賀会が26日、同大で開かれた。

 同大を運営する加計学園(同所)などが主催。学園と県内外の教育、政財界などの関係者約300人が出席した。

 加計孝太郎理事長・総長は「常に夢を持ち、実現に向けて前へ進み続けたい」とあいさつ。柳沢康信学長は「教育学部は海外にも教員を輩出することを目標としている。大いに期待してほしい」と決意を述べた。安倍晋三首相からのビデオレターが上映され、鏡開きで節目を祝った。式に先立ち、歌手加山雄三さんのコンサートもあった。

 教育学部は4月に開設した。新校舎は鉄骨11階地下1階延べ約2万7千平方メートル。教育、理学部などの研究室や講義室、レストラン、増床した新図書館が入居するほか、多目的活用スペース「スチューデントコモンズ」など学生が集えるスペースを多く設けている。創立50周年(2014年度)を記念して13年9月に着工し、今年3月に完成した。
カテゴリ

【教育】の最新記事

PAGE TOP