文字

動画ニュース

四角い土俵で児童と力士が勝負 勝央北小で恒例の校内相撲大会

2017年10月06日22時48分 更新

 現存では全国唯一とされる「四角い土俵」がある勝央北小(岡山県勝央町植月中)で6日、恒例の校内相撲大会が開かれた。学校創立10周年を記念して大相撲・佐渡ケ嶽部屋の力士2人を招き、子どもたちが胸を借りた。  2人は幕下の琴弥山(みせん)(34)と ...

⇒この動画の記事へ

最新動画記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.