文字

事故で車が破損、修理費は全額負担してもらえる?

Q:追突事故に遭い、自動車が大きく破損しました。思い入れのある車なので、かなり高くつきますが修理したいです。修理費用全額を加害者に支払ってもらえますか。

A:「経済的全損」と判断されれば修理費用全額を支払ってもらえない

 修理費と、車両時価額(消費税含む)に買替諸費用を加えた金額とを比較し、前者の方が大きい場合を「経済的全損」と呼びます。今回のケースのように修理費が高額になる場合は、この点についての検討が必要です。経済的全損の場合、相手方に修理費を全額負担してもらうことはできません。

 なぜなら、自動車は通常、同種のものを市場で調達できますから、経済的全損の場合は、修理をするよりも買い替えた方が合理的だと考えられるからです。これは、あなたが車両に対して強い愛着を持っていたとしても変わりません。

 経済的全損の場合、加害者には車両の時価額(現状で売却可能な場合は、そこから売却額を引いた金額)を請求できます。通常はレッドブック(自動車価格月報)や業者の査定、インターネットの中古車価格などから時価額を算定します。

 それに加え、買い替えに必要な費用もあわせて請求ができます。登録、車庫証明、事故車の廃車費用やそれらの手続きにかかるディーラー手数料などです。ただし、新たに取得した車両の自動車税、自動車重量税などは含まれないとされます。

 経済的全損と判断され、時価相当額と買替諸費用の支払いしか受けられなかった場合でも、その車を修理することは自由です。その場合、不足額については残念ながら自腹ということになります。

この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

先生紹介

  • 安達祐一 先生

    安達法律事務所

    倉敷市鶴形1-4-15 シャトーブリアン2F

    TEL.086-423-5311 http://www.adachilaw.jp/

    2004年東京大学法学部卒業。同年司法試験合格。司法修習を経て06年弁護士登録。10年、生まれ育った倉敷市内で開業。

    「地元住民の方に密着したサービスを心がけています。倉敷センター街の先にある事務所で、ご相談をお待ちしています」

【安達祐一 先生】の最新記事

  • 戸籍上の名前を通称に変えたい

    Q:私の名前はとても読みづらく、また読み自体も変わっているため、子どもの頃から全く別の名前を通称として用いています。不便なので戸籍上の名前を通称に変更したいのですが、どうすればよいのでしょうか。 ...

    ⇒続きを見る

  • 退職金を請求できる場合・できない場合

     勤務先を退職することになったとき、気になるのは退職金かもしれません。先に退職した人はもらっているみたいだけど、自分はもらえるのか…。今回は退職金を請求できる場合と請求できない場合について取り上げ ...

    ⇒続きを見る

  • 養育費なしで合意したが、負担してほしい

    Q:私は2年前に夫と離婚しました。その際、私が夫に養育費を請求しないことを条件に、私が子の親権者となることに同意してもらいました。しかし、離婚後に転職するなどして生活が苦しくなり、やはり元夫に養育 ...

    ⇒続きを見る

  • 遺言書に書くことができる内容

     遺言をするには遺言書を作る必要がありますが、遺言書に書けば何でもその通りになるというわけではありません。遺言書に書くことで、法的な効果が発生するものを「遺言事項」と言いますが、遺言事項は法律で決 ...

    ⇒続きを見る

  • 弁護士に相談をする時のコツ

     遺産相続や離婚、借金など思わぬトラブルに巻き込まれた時、心強い味方になってくれるのが弁護士。でも、どのように弁護士を探し、相談を進めたらいいのか、不安に思う人も少なくありません。レディア「ホーム ...

    ⇒続きを見る

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.