文字

コラム

  • インフルエンザにご用心! 睡眠と食事で免疫力高めよう

    [2019/01/11]

    (耳鼻咽喉科/川上晋一郎 先生)
     寒さが厳しくなる季節。年末年始の疲れも残り、インフルエンザが気になる時期になりました。「予防接種を受けているから大丈夫」と過信してはいませんか。例年1〜3月が流行のピークと言われています。どう乗り ...
  • デジタル技術で進化した矯正とインプラント治療

    [2018/12/20]

    (歯科/飛田晴康 先生)
     ここ数年、歯科治療もデジタル技術によって急速に進化しています。その中でも大きく変化したのが、マウスピースを使用して歯を動かすインビザライン矯正です。マウスピースを作製する方法は、全ての歯を精密に ...
  • 患者自身の血液を利用 整形外科で注目の再生医療

    [2018/12/06]

    (胃腸肛門外科/河合亮 先生)
     私たちの血液は血球(赤血球、白血球、血小板)と血漿(けっしょう)で構成されています。 PRP療法とは  PRP(多血小板血漿)療法は、血液中に含まれる血小板や白血球などの体細胞の働きを利用する再生 ...
  • 補聴器を使いたがらない夫

    [2018/12/20]

    (耳鼻咽喉科/川上晋一郎 先生)
    Q:夫はテレビの音量が大きく、聞き返しも多くなり心配していました。両耳で50万円の補聴器を買いましたが、日常会話にあまり役に立っていないのか使いたがりません。何かよい方法はありませんか? A:自分 ...
  • 風疹の流行は何が問題?

    [2018/12/06]

    (皮膚科/神崎寛子 先生)
    Q:風疹がはやっていると報道されていますが、何が問題なのでしょうか? A:妊婦への感染防止が重要。男性はワクチン接種考えて  妊娠初期(20週以前)に風疹にかかると、赤ちゃんが先天性風疹症候群に ...
  • インビザライン治療は痛みが少ない?

    [2018/11/22]

    (歯科/飛田晴康 先生)
    Q:「インビザライン」での歯並びの矯正治療は痛みが少ないと聞いたのですが。 A:歯をマウスピースで覆うため痛みが少ない  「インビザライン」などの取り外しのできるマウスピースを使用する矯正治療は ...

病気や体の悩みについて聞いてみたいことをお寄せください。

郵送先 〒700-8634
山陽新聞社 広告本部 広告編成部 「レディア ホームドクター係」あて
メールアドレス:ledya-doctor@sanyonews.jp
※プライバシーは厳守します。質問の掲載は医師と相談の上、取捨選択させていただきます。

Ledya(レディア)とは…

レディアは山陽新聞社が発行する女性のための地域密着型生活情報紙です。
岡山県南都市部の約26万世帯に毎月2回(第2、4木曜日)、本紙に折り込んでお届けしています。

発行エリア:岡山市、倉敷市、玉野市、総社市、浅口市、早島町、直島町
編集面でのお問い合わせは山陽新聞社広告本部広告編成部(ledya@sanyonews.jp
山陽新聞の購読お申し込みは0120-34-4301(毎日9:30~17:30)

産婦人科

内科小児科

耳鼻咽喉科

皮膚科

胃腸肛門外科

精神科

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.