文字

初詣客で岡山県内の寺社にぎわう 「災害なく幸せに」思い胸に祈る

初詣客でにぎわう最上稲荷=1日

阿智神社で奉納された「三女神の舞」=1日

御神ジュースの接待を受ける子どもたち=1日、金光教本部

 岡山県内各地の寺社は1、2の両日、多くの初詣客でにぎわった。「災害がないように」「家族の健康を」「笑顔で過ごせる一年に」…。参拝者はそれぞれの思いを胸に、手を合わせて新年の幸せを祈った。

【岡山市】
 最上稲荷(北区高松稲荷)には1、2の2日間で家族連れら約46万9千人が訪れた。家内安全や無病息災を願ってさい銭箱にお金を投じたり、おみくじを引いて今年の運勢を占ったりしていた。

 家族4人で毎年参拝している美作市の会社員男性(32)は「今年、小学校に入学する長女の健康を祈願した」と話した。

 吉備津神社(北区吉備津)には約4万1千人が参拝し、お守りを買う客やおみくじを引く家族連れらでにぎわった。氏子らが三味線の音に合わせて餅をつく「三味線餅つき」があり、つきたての餅が振る舞われた。

 黒住教本部(同尾上)では、初日の出を拝む「日拝式」に多くの人が詰め掛けた。真庭市特産のひるぜん大根をかつおだしで炊いた「福福だいこん」約千食が振る舞われたほか、茶会を開くなどして2日までに約4万人が訪れた。

 岡山神社(同石関町)は学問の神様・菅原道真を祭っており、入試や受験を控えた生徒と家族ら約3万3千人が参拝した。今年の干支(えと)にちなみイノシシの顔をかたどった大絵馬(縦1・5メートル、横1・8メートル)が拝殿前に飾られ、参拝者はスマートフォンなどで写真に収めていた。

【倉敷市】
 阿智神社(本町)には1、2の両日、約4万人が参拝した。境内の能舞台では純白の着物に身を包んだ女性3人が、交通安全や商売繁盛を祈る「三女神(さんにょしん)の舞」を奉納した。家族4人で訪れた同市内の会社員男性(44)は「今年は災害がなく、子どもが元気で大きくなりますようにとお願いした」と話した。

 由加山(児島由加)の由加神社本宮と由加山蓮台寺には、それぞれ約28万人が訪れ、一年の無事を祈願。本宮では、年越しのカウントダウンや鏡開きがあり、金刀比羅宮(香川県琴平町)との両参りなどでにぎわった。蓮台寺では、瑜伽大権現を祭る本殿で祈祷(きとう)を受けたり、厄除(やくよけ)不動明王を拝んだりした。

【玉野市】
 玉比咩(たまひめ)神社(玉)には2日までに約5千人が参拝した。ご神体の巨岩「立石」に触れて無病息災、厄よけ、家内安全を祈願したほか、お守りを買ったり、おみくじを引いたりした。玉野市奥玉に帰省中で、家族5人で訪れた千葉県流山市の主婦(41)は「子どもたちの健康を一番に願った。今年も元気に楽しく過ごしたい」と話した。

【津山市】
 徳守神社(宮脇町)には大みそかから2日にかけ、約2万5千人が訪れた。参拝者は家内安全や無病息災を願い、お守りやお札を買い求めていた。

 美作市に帰省中で、親族11人で訪れた大阪府高槻市の会社員男性(40)は「昨年の大阪北部地震で自宅が被害を受けたので、今年は笑顔で過ごせる1年にしたい」と話した。

【笠岡市】
 笠神社(笠岡)には2日までに約1万人が訪れ、無病息災や商売繁盛を祈願。おみくじを引いたり、お守りや縁起物の熊手などを買い求めたりする人でにぎわった。家族と訪れていた笠岡市立笠岡東中の1年女子(13)は「みんなが幸せな年になるようお願いした」と話した。

【浅口市】
 金光教本部(金光町大谷)には大みそかから2日にかけ、約6万人が参拝。1日早朝には「元日祭」が営まれ、教主代理の金光浩道広前部長が一年の幸福を祈願した。境内では、ぜんざいやお神酒のほか、乳酸菌飲料「御神(ごしん)ジュース」も振る舞われ、子どもらが杯に注がれたジュースで新年気分を味わっていた。笠岡市の会社員男性(43)は「家族が健康に過ごせるようお祈りした」と話した。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.