文字

岡山・龍泉寺でトキソウ見頃 淡いピンクの花 初夏の風に揺れ

龍泉寺で見頃を迎えたトキソウ

 龍泉寺(岡山市北区下足守)で、環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されているトキソウが見頃を迎えた。淡いピンクの花が初夏の風に揺れ、訪れた人を魅了している。

 トキソウは、ラン科の多年草。高さ約20センチの茎の先に、直径2センチほどのかれんな花をつける。花の色がトキの羽色を連想させるのが名前の由来という。

 同寺では、境内の湿地3カ所に自生。2009年から湿地の保全に取り組んでいる「龍泉寺の自然を守る会」によると、今年は6日に開花を確認、今月末までは楽しめるという。

 同会は20日午前9時半~正午に同寺で観察会を開催。雨天決行。参加無料で、山歩きのできる服装をして飲み物などを持参する。田中和明会長(73)=同高松=は「観察会のころがちょうどピーク。子どもたちにも、貴重な自生地に足を運んでもらいたい」と話している。

【ニュース】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.