文字

武家屋敷で甲冑まとい武将気分 高梁「まるごと城下町フェスタ」

スタッフに手伝ってもらいながら甲冑を試着する子ども=28日

スタンプラリーの台紙付きリーフレット

 高梁市の城下町の魅力を多彩な催しを通じてPRする「備中松山城とまるごと城下町フェスタ」(市観光協会主催)が石火矢町ふるさと村(石火矢町)をメイン会場に開かれている。5日まで。

 ふるさと村内の武家屋敷駐車場に「フェスタ陣営」を設営。初日の28日は手作りのかりんとう、コーヒーなどを販売する模擬店が並んだ。近くの武家屋敷・旧埴原(はいばら)家では、レプリカの甲冑(かっちゅう)の着付け体験があり、スタッフに手伝ってもらってかぶとやよろいをまとった子どもたちは、武将気分でポーズを取った。

 体験した小学4年男子(9)は「かっこいいけれど、動きにくい。よろいを着て走り回った昔の人はすごい」と話した。

 期間中、頼久寺、武家屋敷など計10カ所を巡って応募すると、特産品などが抽選で当たるスタンプラリーを開催している。

 3~5日の午前10時~午後4時、フェスタ陣営では、かご乗りの無料体験(体重30キロ以下)やステージ発表、地元のグルメなどが楽しめる城下町マルシェといった催しが繰り広げられる。問い合わせは市観光協会(0866―21―0461)。

【ニュース】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.