文字

児島の由加山蓮台寺で火渡り荒行 参拝客が無病息災願い歩く

雨の降りしきる中、残り火の上を歩く参拝者

 倉敷市児島由加の由加山蓮台寺で22日、「厄除(やくよけ)不動大祭」の火渡り荒行が行われた。参拝客は雨が降りしきる中、無病息災などを願って歩いた。

 山伏姿の行者たちが境内の不動明王像前で護摩をたき、信者らの願い事が書かれた護摩木約2800本を次々と投げ入れて成就を祈願。残り火で長さ約3メートルの道をつくった。

 炎の上を行者が渡った後、参拝客も順番に挑戦。所々で煙が上がる中、手を合わせながらはだしで一歩一歩踏みしめるように進んでいた。

 瀬戸内市の会社員男性(63)は「道の端から炎が出ていたが熱くなかった。健康で過ごせるよう祈願した」と話していた。

【ニュース】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.