文字

涼漂う岡山・龍泉寺「お滝祭り」 信徒がみこし担ぎ滝に打たれる

滝に打たれ、水しぶきを上げるみこし

 岡山市北区下足守の龍泉寺で26日、みこしが滝に打たれることで知られる夏季大祭「お滝祭り」があり、全国から訪れた大勢の信者が無病息災や家内安全を祈った。

 拝殿での法要の後、白装束の信徒約60人がみこし2基を担ぎ、境内にある落差約6メートルの滝へ。みこしは、竹串に挟んで納めた多数の和紙のお札が流れ落ちるまで滝を受け続け、水しぶきを上げながら神聖さの中に涼感を漂わせた。

 この日の岡山県内はほぼ全域で晴れわたり、最高気温は高梁市で35・0度と猛暑日に。津山市は今年最高の33・4度、岡山市中心部は33・3度だった。みこしを担いだ男性会社員(42)=兵庫県姫路市=は「水を浴びて身も心もすがすがしい」と話した。

【ニュース】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.