文字

小島神社(おしまじんじゃ)

「鬼道様」として地域住民に親しまれてきた

随神門

細首稲荷大明神(首から上の病気が治ると伝わる)

鬼道様で知られる女性の厄払いの神と一国一宮の八幡宮を祀る社

 かつて旭川が国富村の方へ流れていた頃、この地は川の中の小島だったとされ、それを祀ったのが小島神社の興りという。

 1756(宝暦6)年に安住院(岡山市中区国富)にあった八幡雄嶋宮を同地に遷宮、明治時代に小島神社に合祀した。八幡雄嶋宮は中世の『備前国神名帳(西大寺本)』で最上位に記されており、当時備前国で最も社格が高い神社であったことが伺われる。

 同神社は「鬼道様」と呼ばれ、女性の厄払いの神として崇敬を集めており、全国から訪れる女性が多い。

ご案内

住所/〒703-8235 岡山市中区原尾島1-7-39
TEL/086-275-7055(備前国総社宮社務所)
交通/JR山陽本線・西川原駅から徒歩20分。両備バス・旭川荘行き・六枚橋から徒歩1分
ご祭神/小島神、応神天皇、仲哀天皇、神功皇后
創建/不詳
ご利益等/女性の厄払い、武運長久

年間行事

1月1日/歳旦祭
5月5日/春季例祭
7月30日/茅輪祭
10月23~25日/秋季例祭

【ココもオススメ 見とかれぇ】

ぼやきの井戸

 拝殿側に水神様を祀った小さな井戸がある。その昔、水不足の際に祈願したところ、水が湧き上がったという言い伝えのある井戸だが、先代宮司は「ぼやきの井戸」として愚痴などをぼやいていたそう。誰にも言えない愚痴や悩みがある人はこの井戸にぼやいて、水に流してみては。


ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.