文字

弘誓山 観音寺(ぐぜいざん かんのんじ)

かつては裏山の古墳台上に建てられていた本堂。第十世泰応によって現在の地に移築された

33年に一度のご開帳の様子

仁王門(町指定重要文化財)

古墳を背にしてたたずむ
慈覚大師円仁開山の名刹


 比叡山第三祖・慈覚大師円仁によって間山に開山された古刹。比叡山延暦寺を本山とし、行基の作と伝えられる聖観世音菩薩をご本尊としている。

 現在の地には、中興開山の第一世とされる円慶により1600(慶長5)年移築された。1792(寛政4)年に再建された鐘楼・仁王門は、町の文化財に指定されている。また2016(平成28)年の4月に改築の落慶法要が行われた本堂には、33年ぶりにご開帳されたご本尊をはじめ8体の仏像が安置されている。美作観音霊場三十三カ所第五番。

ご案内

住所/〒709-4332 勝田郡勝央町植月東895
TEL/0868-38-2488
交通/JR姫新線・勝間田駅から車で10分。美作岡山道路・勝央ICから車で10分。中国自動車道・津山ICから車で20分
HPアドレス/https://www.facebook.com/kannonnzi/
宗派/天台宗
ご本尊/聖観世音菩薩
開山/857~859年ごろ(天安年間)
ご利益等/厄除け、病気平癒 ほか
代表的寺宝/仁王門(町指定重要文化財)、植月寺山古墳(観音寺古墳、町指定重要文化財)

年間行事

毎月1日/座禅会
1月1日/修正会祈祷護摩供
旧暦4月8日/花まつり
8月/盂蘭盆会、施餓鬼供養
12月31日/除夜の鐘

【ぶらり散策 ここも見とかれぇ】

植月寺山古墳(観音寺古墳)

 中四国最大級の前方後方墳が、観音寺の裏山にある。鍵穴のような独特の形をしており、その規模は全長約90メートル、高さ約4.5メートル。内部構造は不明であり、盗掘痕も認められないという。古墳時代前期の築造と考えられ、美野中塚古墳や美野高塚古墳とともに、この地域を治めた首長の墓だとされている。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.