文字

岡山縣護國神社(おかやまけんごこくじんじゃ)

鳥居を2つ抜けて、境内の正面奥にある拝殿。そのさらに奥が本殿

明治十年の灯明台

8月16日 萬燈みたま祭 奉納盆踊り

戦争で尊い命を捧げられた英霊を、
慰霊顕彰する神社


 岡山縣護國神社の始まりは、備前藩主池田章政公が1869(明治2)年に戊辰の役戦死者の招魂祭を執り行い、次いで岡山市東山公園内に社殿と碑石を建て奥羽、函館両戦争の戦死者を祭祀したことによる。ご祭神である英霊とは、戊辰戦争から太平洋戦争に至るまでの戦争により亡くなられた方のことで、直接の戦闘以外の病気で亡くなられた方なども含まれている。

 神社では今日の平和な時代の礎になった方々に感謝し、その慰霊の顕彰に努めている。

ご案内

住所/〒703-8272 岡山市中区奥市3-21
TEL/086-272-3017
交通/JR 岡山駅から車で10分。岡山電気軌道・東山駅から徒歩15分。両備バス・西大寺行・護國神社前から徒歩8分
HPアドレス/http://okayama-gokoku.jp
ご祭神/岡山県出身もしくは縁故のある護国の英霊
創建/1869(明治2)年
ご利益等/初宮詣、七五三詣、厄除け、家内安全、交通安全、心願成就、祝年祈祷、身体健全、社運隆昌、国家安泰
代表的宝物/戦没者遺品、山水屏風(1912年、小野竹喬作)、神宮撤下御神宝四点

年間行事

1月1日/歳旦祭
5月5日/岡山県戦歿者春季慰霊祭
5月6日/春季慰霊大祭
8月15日/終戦の詔書奉戴日本興隆祈願祭
8月15・16日/萬燈みたま祭
10月5日/岡山県戦歿者秋季慰霊祭
10月6日/秋季慰霊大祭

【ぶらり散策 ここも見とかれぇ】

母の像

 子らを抱き、境内から本殿を見つめる「母の像」。英霊たちの妻であり遺児たちの母であるこの像は、終戦30周年の1975(昭和50)年に戦争の悲劇が再び繰り返されることのないよう世界恒久平和を願い岡山県遺族連盟によって建立された。彫刻家・宮本隆氏の制作。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.