文字

備前国総社宮(びぜんのくにそうじゃぐう)

平安時代後期の建築様式を今に伝える拝殿。手前は雅楽や芸能を奉納する舞台

創建当時の姿で復元された正殿

竣工祭でのプロジェクションマッピングの一場面(正殿内壁画「十烈の馬」より)

備前国内128神社の祭神を合祀 全国唯一の平安時代後期様式の社殿

 奈良・平安時代には朝廷より国司が国々に派遣されていた。任国での最重要任務は神々を祭ることで、国内に点在する神々を集め、同時に祭ることのできる「総社」が必要になった。中世の神名帳によると、当宮は備前国内128神社の祭神が合祀されている。

 社殿は平成4年焼失したが、創建当時の様式で正殿が2010(平成22)年、拝殿が2015(平成27)年に再建。さらに獅子・狛犬(制作中)、境内地内128社巡り、神々が集う「もみじの杜」などの構想がある。


ご案内

住所/〒703-8207 岡山市中区祇園596
TEL/086-275-7055
交通/山陽自動車道・山陽IC・岡山ICから車で10分。JR山陽本線・高島駅からバス5分
ご祭神/大己貴命、須勢理毘売命、神祇官八神、備前国内128社の祭神
創建/平安時代
ご利益等/病気平癒、縁結び ほか
代表的宝物/備前国印、備前国総社神名帳、伊勢神宮撤下神宝(御楯、御靭)

年間行事

1月3日/歳旦祭
2月3日/節分祭
4月29日/春季例祭
8月第1土曜日/夏越大祓祭
10月21~23日/秋季例大祭
11月15日前後/七五三祝祭
12月31日/除夜祭

【ぶらり散策 ここも見とかれぇ】

平安時代の様式の社殿

 放火という不幸な出来事で社殿がすべて焼失。その悲劇を乗り越えるべく、社殿の再建には創建当時の姿を強く意識。平安時代後期の様式で、古式の技術を用いて再建された。正殿正面には平安時代独特の蛙股(写真)も再現されている。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.