文字

吉備津神社(きびつじんじゃ)

全国で唯一の「比翼入母屋造(吉備津造)」の本殿および拝殿(国宝)

秋季大祭の千載楽

厳かな雰囲気が漂う拝殿(国宝)

「鳴釜神事」の様子

地形に沿って真っすぐ伸びる廻廊

四季折々の花々が彩りを添える

御竃殿(国指定重要文化財)

正月3日の「矢立神事」

七十五膳据神事

十二単の着付け

浦安の舞

「吉備津のこまいぬ」ほか神符授与品

えびす祭

神話と古代ロマンが息づく心身を癒やす清遊の杜

<歴史>

大吉備津彦命を主神に一族の神々を祀る

 吉備津神社は岡山市西部、吉備の中山の西麓に鎮座する山陽道屈指の大社。大吉備津彦命を主祭神とし、その一族の神々を祀っている。

 大吉備津彦命は、第七代孝霊天皇の皇子にあたり、日本書紀によると、第10代崇神天皇の時代、朝廷に従わず各地で反乱を起こしていた賊徒の平定のために大和朝廷から派遣された四道将軍のうちの一人。西道(のちの山陽道)に入った大吉備津彦命は、この地に平和と秩序を築くべく茅葺宮をつくり住居し、吉備国(備前・備中・備後・美作)の人々のために仁政を行ったとされる。

 同社の創建の起源については諸説あるが、一説には、のちに仁徳天皇が吉備国に行幸した際に大吉備津彦命の功績を称え、茅葺宮跡に社殿を創建し祀ったのが始まりといわれている。

 その後、『延喜式』の中では「名神大社」に列し、神階の最高位である「一品」の品位を授けられたことから、「一品吉備津宮」また吉備国総鎮守「三備(備前・備中・備後)の一宮」と称せられる。戦前は、官幣中社の社格をもち、広く朝野の信仰を集めている。

備中高松城の戦いと吉備津宮

 1582(天正10)年に起きた備中高松城の水攻めの際、その戦乱の真っ只中に位置していた同社には、当時の古文書が多数残され、貴重な史実を今に伝えている。羽柴秀吉の重臣・蜂須賀正勝が同社とのやりとりを行っていたとみられ、同社が申請した禁制やそれに対応する返書、また、同社付近に秀吉軍が陣を張ったことなどが記された書状などから当時の緊迫した情勢が読みとれる。

 また、秀吉が同社に参拝し戦勝祈願した様子を「昨日、秀吉様御社参なされ候、ご機嫌良く候つる」と伝える書状や、備中に滞留していた黒田官兵衛が鳴釜神事に祈願し、「釜が動じた」ことに感謝を表わした直筆の書状も現存する。

<見どころ>

国宝の本殿・拝殿と総長約400メートルの廻廊

 県指定郷土記念物にもなっている美しい松並木の参道を抜けて石段を上ると、日本屈指の神社建築として知られる国宝の本殿・拝殿が姿を現す。少なくとも過去2回の火事に遭っているが、現在の本殿は1425(応永32)年に、勅命を受けた足利義満により、25年の歳月をかけて再建されたもの。京都の八坂神社に次ぐ大きさで出雲大社の約2倍以上の広さを誇る。入母屋造の屋根を前後に並べ、棟と棟に縦一棟を通してつなぎ一つの大きな屋根にまとめた独創的な様式は「比翼入母屋造」といわれ、全国唯一であることから「吉備津造」とも称される。そのほか、国の重要文化財に指定されている南・北随神門や、中世の台所の様式を色濃く残す御竃殿など、見応えのある建造物が配置されている。

 本殿から続く総延長約400メートルの美しい廻廊も同社の見どころの一つ。緩やかな傾斜に沿ってまっすぐに伸び、えびす宮、御竃殿、本宮社など多くの摂社末社をつないでいる。

花のスポットと散策

 境内には花のスポットが点在し、四季それぞれの趣きある美しい風景を堪能できる。

 廻廊から岩山宮へと上がる石段沿いには、1500株のアジサイが咲き誇る通称「あじさい園」がある。6月中旬~7月中旬にかけて咲き誇り、紫色やブルーの色鮮やかな濃淡に染まる。また、弓道場に隣接する「ぼたん園」は、4月下旬~5月初旬にかけてが見頃。そのほかにもウメ、フジ、ツバキなどの花園が周辺に整備されている。加えて、御竃殿の西側の道を挟んだ神池の小島に浮かぶ稲荷社「宇賀神社」のシダレザクラも趣きがある。

 吉備津神社の鎮座する吉備の中山一帯は、古代吉備文化の足跡をたどる史跡や古墳が点在し、歴史散策コースとしても人気がある。大吉備津彦命を祭った前方後円墳の御陵ほか、多くの見どころがある。

<伝承>

温羅伝説と鳴釜神事

 吉備津神社には、昔話「桃太郎」のルーツともいわれる有名な鬼退治の伝承が残る。諸説あるものの、そのあらすじは以下のようなものだ。

 第10代崇神天皇の頃、異国の鬼神が吉備国(現在の岡山県と広島県東部)に渡来してきた。百済の王子で名を「温羅」といい、吉備の国新山(総社市)を居城として構えた。温羅は極めて凶暴で、しばしば悪事を働き人々を困らせたことから、朝廷は吉備の平定に向け、武勇の誉れの高い皇子・五十狭芹彦命(大吉備津彦命、以下ミコトと表記)を派遣した。ミコトは「吉備の中山」(このふもとに同社がある)に布陣し攻め入ったが、変幻自在な温羅に苦戦を強いられる。矢を射るもいつも温羅の射た矢に落とされるため、ミコトは2本の矢を同時に放ったところ、1本の矢が温羅の左目を射抜いた。血を流した温羅は雉となって逃げ、ミコトは鷹となって追い、さらに温羅が鯉に変じて逃れるとミコトは鵜となって噛み付きついには捕えた。ミコトは温羅の首をはねてさらしたが温羅はうなり声をあげ続け、その首を吉備津神社の「御竃殿」の釜の下に埋めたところ、13年間うなり声は止まず近郷に鳴り響いた。ある夜ミコトの夢に温羅があらわれ、「わが妻・阿曽女に御竃殿の火を炊かせば、この釜を鳴らし吉凶を占おう」と告げた。

 これが上田秋成の『雨月物語』にも登場し、いまでも同神社の「御竃殿」で行われている「鳴釜神事」(釜うらない)である。参拝者の祈願成就を占う実際の神事では、二人の巫女(阿曽女)のうち一人がかまどを炊き、もう一人が釜の背後に立って古来より伝わる作法を行う。釜が大きく豊かに鳴れば吉、音が途切れたり鳴らない時は凶とされるが、その判断はあくまで祈願者の心に委ねられる。

<行事>

矢立の神事と七十五膳据神事

 ミコトと温羅が戦いを繰り広げた場所は、今も吉備津神社周辺に実際の地名として数多く残り、古代のミステリーロマンとして歴史ファンを魅了している。

 神社の北西には温羅の居城跡として有名な「鬼ノ城」をはじめ、二人の放つ矢がぶつかって落ちた場所といわれる「矢喰の宮」、温羅の血が流れた「血吸川」、鯉に変身した温羅と鵜に変身したミコトが攻防を繰り広げた「鯉喰神社」などがある。また、吉備津神社の境内には、ミコトが温羅との戦いで矢を置いた場所である「矢置岩」が残っており、正月3日には「矢置岩」のそばから神矢を射て災いを祓う「矢立神事」が行われる。その年の安寧を祈る年中行事の一つとして、初詣の参拝者の目を楽しませている。

 そのほか、全国的にも珍しい神事として「七十五膳据神事」がある。春秋二季の大祭で行われる神事で、春は五穀豊穣を祈念し、秋は収穫への感謝を捧げる。御供殿に世話人十数人が集まり、数多くの神宝や神膳が用意される。膳の上に春は白米、秋に玄米を蒸してつくる円筒形の御盛相を中心に置き、その周りに鯛や時節の珍味を盛り、柳の箸を添える。先導祭員に続き、衣装をまとい神宝や神膳を捧げ持った奉仕者百数十人の長い行列は、多数の奉拝者の見守る中、粛々と廻廊を拝殿へ進み、伝供役から祭員へ伝供され、本殿内へ献供される。

 2016(平成28年)の春季大祭では、神賑行事として、衣紋道高倉流による十二単の着付けや、小学生高学年から中学生らによる浦安の舞が奉納され、日本の伝統文化の継承にも寄与している。

<ご利益>

健康長寿や学業成就の守り神として知られる

 ご祭神の大吉備津彦命は二百八十一歳の長寿を全うしたと伝えられ、そのため古くから「健康長寿」の信仰があつい。そのほか、「学業成就」「交通安全」「建設工事安全」などのご利益でも知られる。また、「年祝い」(安産、初宮詣、誕生祝い、七五三詣、成人式、結婚式、厄祓、長寿祝い等)の参拝も多い。さらに昔話の「桃太郎」に例えられる通り生成育児の守護神であり、「知恵」「学業」の守り神として信仰されている。

 正月9日、10日、11日には、恵比寿・大黒二神を祀る「えびす宮」で、熊手・箕・宝船などの縁起物を授与する「えびす祭」が行われ、商売繁盛を願う参拝者でにぎわう。

 また、同社には江戸時代から続く「吉備津のこまいぬ」という愛らしいお守りがある。座った犬と立った犬、鳥の3体が一つになった素朴な土細工で、火難・盗難除けとして人気がある。最近では、有田焼の可愛らしい「桃懐守」も人気を博している。おみくじ付で平穏無事と開運招福のご利益があるという。

ご案内

住所/〒701-1341 岡山市北区吉備津931
TEL/086-287-4111
交通/岡山自動車道・岡山総社ICから車で15分。JR桃太郎線・吉備津駅から徒歩15分
HPアドレス/http://kibitujinja.com/
ご祭神/大吉備津彦命 ほか
創建/不明
ご利益等/健康長寿、学業成就、商売繁盛、交通安全 ほか
代表的宝物/本殿・拝殿(国宝)、南随神門・北随神門・御竃殿・木造狛犬(国指定重要文化財)、廻廊(県指定重要文化財)ほか

年間行事

毎月1日/ついたち参り(午前6~8時)
毎月1日/月旦祭
毎月13日/月次祭
1月1日/歳旦祭
1月3日/矢立神事
1月9・10・11日/えびす祭
5月、10月(第2日曜日)/春季、秋季大祭(七十五膳据神事)
6月30日、12月31日/大祓式
7月31日/夏越祭・宮内踊り
11月中/七五三詣
12月28日/御煤拂神事祭

【ぶらり散策 ここも見とかれぇ】

見えないところにある隠れた彫刻
 御竃殿の扉上部の奥に、見事な牡丹の彫刻が施されている。江戸時代の伝説の名工・左甚五郎の作ではないかとも伝えられるが、詳細は不明。靴を脱ぐ手前の敷石に立ち、腰をかがめて梁上にある蟇股の左側から格子の上を覗き込む。ちらりとしか見えないのが、なんとも不思議。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.