文字

福力荒神社(ふくりきこうじんじゃ)

旧正月大祭には、約200の露店が並び大いににぎわう

大いににぎわう旧正月大祭

巫女による舞の奉納

安産とマムシ除け、招福のご霊験。旧正月大祭で毎年15万人が参拝

代表的ご利益
安産/マムシ除け

 江戸時代初期、津山藩主・森忠政公の息女が難産のため祈願したところ、ご霊験のおかげで無事出産。安産のご利益のある、子授け・安産の神社として崇敬を集めた。また、森家の家臣・山口彦左衛門がマムシの厄災にあった際にこの神社で祈念したところ、ご神助のおかげで無事に治癒。以降マムシ除けのご利益でも広く知られるようになった。

 こうしたご利益が近隣のみならず全国に広まり、旧正月大祭では周辺地域のほか、近県や九州方面などから、3日間で約15万人の参拝客が集まる。

ご案内

住所/〒708-0857 津山市福力130
TEL/0868-26-5563(社務所)、0868-26-3305(宮司横林正晴)
交通/中国自動車道・津山ICから車で10分。JR姫新線・美作大崎駅から徒歩10分
ご祭神/素盞鳴尊
創建/1403(応永10)年
ご利益等/マムシ除け、招福、子授け、安産、家内安全、進学、交通安全、商売繁盛、良縁 など

年間行事

2月16~18日/旧正月大祭
3月4日/おひまち
4月22日/春季大祭
7月22日/夏季大祭(納涼祭)
10月8日/秋季大祭
12月23日/新嘗祭(冬至祭)

【ちょっと 見ていかれぇ】

御浄砂

 素盞鳴尊の八岐大蛇退治伝説にちなんで、出雲・斐伊川上流の川砂を採集しお浄めをしたもの。家や田畑の周囲にまくとマムシが寄り付かないとされ、農林業に携わる人のお守りとなっている。


ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.