文字

天台宗 湯迫山 浄土寺(てんだいしゅう ゆばさん じょうどじ)

境内全域が県指定史跡。本堂のほか、鐘楼、庫裏などを構える

備前国府大湯屋址

永代供養塔

東大寺再建に全国を行脚した、重源上人ゆかりの寺

 岡山市の北東、龍ノ口山の南麓に建つ浄土寺は、薬師如来を本尊とする天台宗の古刹。孝謙天皇の勅願により報恩大師が創建した備前四十八カ寺の一つにも数えられる。同寺は鎌倉時代の初め、東大寺再建の大勧進として備前国府に赴任してきた俊乗坊重源上人が、湯治施設(温泉)を開き、政務とともに医療福祉活動を実践した所として知られる。寺域の杉林の中にその温泉の跡(備前大湯屋址)がある。重源の足跡を知る遺跡として、東大寺の刻印瓦片も出土している。

ご案内

住所/〒703-8202 岡山市中区湯迫699
TEL/086-279-1150
交通/JR岡山駅から宇野バス・四御神行・浄土寺前から徒歩5分
宗派/天台宗
ご本尊/薬師如来
開山/749(天平勝宝元)年
ご利益等/眼病平癒、身体健全、家内安全、厄除け ほか
代表的寺宝/湯迫山の山号額(池田治政公のわらじによる筆跡)、北条時頼 筆一幅、北条時頼 所持 長刀 ほか

年間行事

1月1~3日/修正会
1月8日/初薬師
4月中旬/婦人会四国霊場巡拝
5月第2土曜日/山家会
8月18日/施餓鬼法要
9月第2土曜日/天台会
12月31日/除夜の鐘

【ぶらり散策 ここも見とかれぇ】

延寿の椿

 紅白のめでたい寄せ植え椿で、濃い赤色をした黒椿の中に、所々白から変色した桃色の椿が混じって咲く。浄土寺の客殿が再建された江戸中期に植えられたと伝えられ、樹齢は推定200年。浄土寺の表門をくぐったところにあり、3月の下旬から4月の上旬が見ごろ。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.