文字

福井山 龍城院(ふくいさん りゅうじょういん)

保護者や地域の人に見守られ境内を練り歩く稚児行列。遠方から撮影に来る参拝者も多い

涅槃会では涅槃図の絵解きをする

鬼に向って豆まきする節分会

瀬戸内海のまん中に位置する、伝教大師霊場第一番

 天台宗開祖・最澄の高弟、慈覚大師円仁により開山。1666(寛文6)年に信亮法師が龍城院として法燈を継承した。境内には戦没者を慰霊する陸軍大将・野津道貫揮毫の忠魂碑を祀り、秋に慰霊祭を行っている。「節分会」では初笑いとして落語を聞き、「涅槃会」では涅槃図の絵解きをする。かわいい稚児行列が練り歩く「花祭り」は地域の人の楽しみであり、大晦日の除夜の鐘は参拝者が願いを込めて突いている。訪れた人の心がやすらぐ場となるような居場所作りを目指している。

ご案内

住所/〒714-0101 浅口市寄島町6881
TEL/0865-54-2013
交通/山陽自動車道・鴨方ICから車で15分。JR山陽本線・鴨方駅から車で8分
宗派/天台宗
ご本尊/阿弥陀如来
開山/838(承和5)年
代表的寺宝/本尊阿弥陀如来立像、阿弥陀如来座像、檀像、涅槃図、法華経八巻(いずれも市指定文化財)

年間行事

1月1〜3日/大般若祈願会
2月3日/節分会
旧暦2月15日/涅槃会
5月第2土曜日/花まつり
8月17日/施餓鬼
11月下旬〜12月中旬/守懸け
12月31日/除夜の鐘

【ぶらり散策 ここも見とかれぇ】

ドラにゃん
 龍城院のオリジナルキャラクター。十二支に選ばれなかったネコが観音様の弟子となったことでドラにゃんに姿を変えたという。子どもを見守り、ともに成長する慈悲の化身として、身体堅固、諸願成就を祈念している。干支タイプのドラにゃんお守りもあり、子どもに人気。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.