文字

岡山駅東口バス乗り場 再編を議論 岡山で都市交通戦略会議

JR岡山駅東口のバスターミナルをめぐる課題について議論する出席者

 岡山市と岡山商工会議所による「おかやま都市交通戦略連携会議」が19日、市役所で開かれ、JR岡山駅東口バスターミナルで「県庁前」バス停方面への乗り場が3カ所に分散していることや、循環バス「めぐりん」の事業者からの同ターミナル乗り入れ希望について議論を始めた。

 市、商工会議所、同ターミナルを利用するバス事業者から16人が出席。市の担当者が同ターミナルの現状について、岡山城への玄関口となる「県庁前」バス停を経由する路線が3カ所の乗り場に分散しているため、観光客に分かりにくいと説明。市中心部で「めぐりん」を運行する事業者からターミナル乗り入れの要望があることを報告した。

 意見交換では、事業者が「複数の社のバスが乗り場を共有するとダイヤを調整しにくい」「ターミナルが狭く、新規乗り入れは事故増加につながる」などと懸念を示した一方で、商工会議所は「利用者の利便向上を優先すべきだ」などと乗り場をあらためて再編する必要性を指摘した。

 出席者は、議論を進めるためのたたき台となる再編案を市が作成し、次回会合で検討することを了承した。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.