文字

競泳の池江選手が白血病を公表 「混乱している状況」

 池江璃花子選手

 白血病と診断されたと公表した競泳女子の池江璃花子選手のツイッター

 競泳の池江璃花子選手が白血病と診断され、厳しい表情で記者会見する関係者。(左から)三木二郎コーチ、日本水泳連盟の上野広治副会長、青木剛会長ら=12日午後、東京都渋谷区の岸記念体育会館

 競泳女子のエース、池江璃花子選手(18)が体調不良で合宿先のオーストラリアから帰国して検査を受けた結果、白血病と診断されたと12日、自身のツイッターで公表した。「私自身いまだに信じられず混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と書き込んだ。治療専念のため4月の日本選手権は欠場する。

 池江選手は入院中で、担当医師からは早期発見だったと伝えられた。日本水泳連盟の上野広治副会長は都内で開いた記者会見で「先々は非常に厳しい道のりになるが、東京五輪の代表選考会のスタートに立てるように温かく見守ってほしい」と祈るように話した。
カテゴリ:

【東京五輪】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.