文字

関空連絡橋の橋桁、取り付け開始 夜間を中心に順次作業

 クレーンでのつり上げの準備が始まった関空連絡橋の橋桁=12日午後0時37分

 西日本高速道路(大阪市)は12日、昨年9月の台風21号によるタンカー衝突事故で破損し、修復や新造を進めていた関西空港連絡橋の橋桁の設置作業を始めた。航空機や鉄道の安全確保を妨げないよう、夜間を中心に14日未明まで順次作業を実施する。

 タンカー衝突事故では南側の橋桁2本が破損し、堺市や和歌山県海南市の工場で修復したり、新たに造ったりした。12日は、台船に載せた橋桁を高さ約110メートルの大型クレーンでつり上げる場面を報道機関に公開した。担当者は「関空は関西の玄関口。今後も急ピッチで作業を続けたい」と話した。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.