文字

消防施設取り壊し始まる、宮城 閖上、大震災津波伝える姿消す

 取り壊される旧名取市消防署閖上出張所=12日午前、宮城県名取市

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県名取市閖上地区で、流されず残っていた旧名取市消防署閖上出張所の取り壊しが12日、始まった。笹かまぼこで知られる水産加工会社「佐々直」の工場も昨年11月に解体され、地区で津波被害を伝える建物はほぼ姿を消す。

 市は1月から解体準備を進めており、12日から重機による本格的解体に着手。4月には約500メートル内陸の造成された土地に再建される新しい出張所で、業務を再開する予定としている。

 旧出張所は鉄筋コンクリート製2階建て。1995年に建てられ、被災するまで地区の安全に貢献してきた。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.