文字

【ファジ】宮崎キャンプだより(1) 9~11日

 サッカーJ2ファジアーノ岡山の2次キャンプが9日、宮崎市で8日間の日程で始まりました。初日から11日までのチームの動きや選手らのインタビューを届けます。山陽新聞朝刊でも詳報しています。

<9日>軽めに調整

軽めのトレーニングで調整する選手たち=2月9日、生目の杜運動公園

 宮崎空港で歓迎セレモニーの後、生目の杜運動公園(宮崎市)に移動し、午後5時15分から約1時間、軽めに汗を流した。沖縄キャンプとは打って変わり、開幕も近づく中で選手たちは引き締まった表情を見せていた。

GK金山隼樹選手「みんなで話すことが大事」

-宮崎キャンプでの目標を。

 チームとしては公式戦に向けてみんなが一つになって、同じ絵を見ながら戦えたら良いと思う。取り組むサッカーも新しくなって、その中で求めているものは難しい。それは話し合って(連係などを)合わせないと良くなっていかないので、みんなでしゃべることが大事。やることのすり合わせをこの1週間、特に大事にしていきたいです。個人としては開幕戦に向けて良いコンディションに持っていけるようにしたい。試合勘とか細かいところを修正して、やっていけたらなと思っています。

<10日>九州大学選抜と練習試合

九州大学選抜との練習試合に臨む選手たち=10日、生目の杜運動公園

 宮崎キャンプ第2日は10日、生目の杜運動公園で九州大学選抜と練習試合を実施。45分を3本行い、1本目4―0、2本目0―3、3本目0―0の合計4―3で勝利した。メンバーの詳細は11日付朝刊で。1本目は攻撃が連動し、細かなパス交換からの大きなサイドチェンジで何度も好機を迎えた。新布陣4-4-2は順調な仕上がり。前線からの守備もはまっていた。2本目は終盤に足が止まり3失点を喫した。

有馬賢二監督「サイドチェンジ良かった」


―ゲームの評価をお願いします。

 1、2本目のメンバーは90分プレーし、1試合90分間の感覚をこなせたのは良かった。ゲームでトライしたことは、相手を見ながら薄いとこを突いていこうということ。サイドチェンジが多く出たと思うんですが、今までは前に前にという意識を持ってきたところを、前に行きながらも相手のいない方にボールを動かしていこうとした。今までの何倍もサイドチェンジが出たのは良かった。あとは質を上げないといけない。今日90分間出なかった選手には次の試合(HondaFC戦)で90分やるよと伝えている。

―チームの仕上がりは?

 大きな絵はできてきている。さらに点を取るには最後のクオリティ、止める蹴るも大事だが、出て行くタイミングの質も大事になる。

-2本目は失点を重ねた。

 どんな相手でも受け身になればああいう展開になるということが分かったかなと思います。

FW赤嶺真吾選手「貪欲にいきたい」

-良い攻撃が仕掛けられていました。

 攻撃陣の互いの良さ、特長を引き出し合えました、多少は。それぞれの感覚がだんだん良くなっています。

-体の状態はどうですか?

 コンディションは徐々に上がってきている。でも油断はできないです。寒いんで(笑)。

-ボールに良く触れている印象です。

 ヨンジェとレオがいましたけど、2人は前に行きます。彼らの空いたスペースで自分が1回受けて起点になっている感じです。

-シュートを打つ回数が減るのでは?

 そこも貪欲にいきたい。そういう要求もしないと、と思います

-ヨンジェ選手とは良い関係そうですね。

 昨年からプレーしているし、特長も分かる。ヨンジェを使い切るとこは使い切りたいと思います。

-チームの状態はいかかですか?

 前からの守備は全員で連動してきたと思いますけど、まだまだ日を重ねてといった感じです。

<11日>2対2やパス回し

ファンからの写真撮影に応じる阿部海大(左から2人目)とデュークカルロス選手(右端)=11日

 宮崎キャンプ第3日は11日、宮崎県総合公園(宮崎市)でトレーニングに打ち込んだ。午前中に約1時間半、2対2やパス回しのメニューをこなした。前日の試合に出たメンバーはリカバリーメニュー。

FWイ・ヨンジェ選手「体力を上げないと駄目」

-ここまでの宮崎キャンプはどうですか?

 開幕前の大事なキャンプでしっかり準備を積めている。

-かなり好調ですね。

 昨年はけがでなかなか試合に出られませんでした。このオフでしっかり準備をしてきました。その成果が出ています。しかし、ゲーム体力をまだまだ上げないと駄目です。開幕に合わせていきます。

-新チームのサッカーはいかがですか?

 今のサッカーは前線での守備がすごく大事です。相手のエリアでボールを取ればゴールにもっと近づきます。監督の求めることをやっていきたいです。

こぼれ話「岡田武史氏が視察」

ファジアーノ岡山の鈴木ゼネラルマネジャー(右)と談笑する岡田氏

 3日目の練習には、日本代表元監督でFC今治オーナーを務める岡田武史氏がファジアーノ岡山の練習場を訪問。鈴木徳彦代表・ゼネラルマネジャーらと談笑した。となりのグラウンドでFC今治が練習試合をしていたこともあり、あいさつに訪れたという。

 宮崎キャンプのこのほかの写真は、さんデジ写真館に収録しています。

ファジ&岡山スポーツ一覧
カテゴリ:

【ファジ&岡山スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.